BAR MITTS/真冬の対策を試みた

ここ数年愛用している冬用のハンドルカバー、BAR MITTS(バーミッツ)

5ミリ厚のネオプレン素材で作られていて、手袋をしたくない自分にぴったりだ

使い始めて5シーズン目に入り、色あせてきたが不具合は出ていない

 

都内に住んでいたときは片道40分弱の通勤にも活用

一番寒いときでも耐えられないほど寒く感じた記憶はなかった

 

 

そして 

群馬の冬

 

 

 

毎朝7時過ぎに駅まで10分ほど自転車で走るのだが

バーミッツの手首部分から入ってくる風が冷たくて辛い

 

さらに暖かいハンドルカバーとバーミッツを使い分ければ

いいのだろうが、気温に応じて付け替えるのは面倒なのだ

 

 

こんなものを考えた

 

 

手首部分から空気の侵入を防げば寒くないのではないか?

ということで、手首にはめ込んで開口部に蓋をする方式を思いついた

 

 

 

   

 

素材はネオプレン3.5ミリ厚。けっこう高額なのでA4サイズくらいで手に入るものを取り寄せた

 

まずは試してみたいので、雑ではあるがアナログな加工法で作ってみた

外径は150ミリ、手を通す穴は50ミリ

 

 

 

  

 

翌朝、早速試してみた

 

手首にはまっている穴部分がバーミッツの開口部よりも奥に入るのが

理想だ。一番右の写真のように入りこむと、ほとんど外気が入らず

寒さは感じない

ただ、50ミリの穴だと少しゆるかったようだ

袖口で止まるのであまり問題はないのだがもう少し詰めてみたい

 

 

 

 

   

 

明け方の最低気温がマイナス7度だった朝もバーミッツの中は暖かだった

難点は、手を抜いたときに大きめの腕輪のように目立つことだ。少し恥ずかしい

 

駅近くの駐輪場でロックをかけている数十秒で

指先が痛いくらいに冷たくなった。効果ありだな

 

次回はもう少しきちんと製作したい

| CUSTOM | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

アンプリファイアー

 

 

約2ヶ月前に、分解処分したエレクトーンのスピーカー部分を改造

スマートフォンやタブレットを繋いで、休みの日のリラックスタイムに活用

ネットラジオを気軽に聴くことが出来るのがなかなか良かった

 

とある理由でアンプ部分を他に使う事になってしまい、代替として

コンパクトで安価なパワーアンプを物色していた

 

 

 

  

 

採用したのはこれ。約3500円でACアダプタ、スマートフォンやタブレットを

ダイレクトに繋げられるステレオミニピンプラグ、RCA-ミニプラグのケーブルも

付属して、PCからUSB出力で音を出すことが出来る。さらにブルートゥースの

信号も受信できるマルチなやつだ

 

 

 

  

 

【 下準備 】

アンプの本体が小さいのでベースに固定するためのプレートをレーザーカット

 

スピーカーは1つなので、左右の出力をまとめるためのジャンパー線を用意

その先端をハンダ付け

 

 

 

 

 

ベースに両面テープで固定して接続する。スピーカーへの出力は

右写真の左側にまとめている

 

 

 

 

 

スペーサーを挟んでネジ止め。これでアンプはしっかりと固定される

 

 

 

 

オーディオコンポのチューナー代わりに使っているiPhoneから

ブルートゥースでダイレクトに出力できた。音は普通

 

 

 

オーディオチューナーでのFM放送は、某国策放送局かFM群馬くらいしか

受信できない環境にあって、アプリで東京の放送を聴くことが出来るのは

ありがたい。悪くない

| HOBBY | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

高崎まで彷徨いつつ、コーヒー豆を調達

もう2週間前のことだが、昔から親しんできた高崎の大和屋まで

コーヒー豆を調達しに行ってきた。電車なら信越線の北高崎駅が

最寄りである。歩くと30分弱はかかるが

 

 

 

道の下調べはしないで、この自転車用コンパスだけを頼りに走る

 

BEELINEというこの端末は、目的地をスマートフォンのアプリで入力して

スタートさせると、方角と残りの(直線)距離のみを表示するというものだ

地図アプリをベースにした道順を示すものよりも、道を自分で選んで走る

というところが自転車の自由さを損なわない、自分にとっては理想的なものなのだ

 

 

 

 

諸々の用事を済ませて出かけるのが数時間遅くなってしまったが

明るいうちに出発した

 

走り始めて皇帝の半分あたりで、いち早くスマートフォンのアプリを試した

サッポロの友人が指摘していた

『道の選択肢が豊富な都会なら楽しめるが田舎の方は道が少なくて大変なことがある』

というのを思い知った。線路や川を何カ所も通る場合に踏切や箸の場所を知らずに

走ると極端な遠回りになってしまう

 

何度も行き止まりで引き返し、散歩中のおばちゃんたちに道を聞いたりしながら

想定の倍以上の時間をかけて目的地に到着

 

途中で道がない草むらを押して通ったりもした。冒険ww

 

 

 

ログを見ると目的地近くでの迷走が良くわかる。着いたときには薄暗くなっていた

 

 

 

 

 

 

コーヒー豆を購入して店内の和食器を眺めながら小一時間過ごして家を目指した

 

 

 

 

帰りは暗くなり危険なので、グーグル先生にナビをお願いした

設定を「歩行」にすると細かい裏道も対象になるのだが

今回も未舗装のあぜ道を通らされたり楽しませてもらった

 

 

 

そして遠出のためにこんな物を調達。形状が好きになれず手を出さなかったが

自作のスマホホルダーを使っているために使えるものがほとんどなかったのだ

 

次の休みくらいにこれを使って観光ライドと洒落こみたいものだ

 

 

| RIDE | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

自転車

 

 

ロングテールバイク

 

 

毎日駅までは乗っている。休日の買い出しやホームセンターへの遠征にも

 

活躍しているのだ

 

 

しかし

 

 

仲間に会わないのは、ちと寂しいなあ

| BIKE | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

ジョー・R・ランズデール 的なタイトル

 

ブログのタイトルを変えて、たった2回の投稿で再びタイトルを変えることにした。

 

 

【 罪深き誘惑のグンマ 】

 

 

京都のVELOな人に指摘されて従った形だ。『群馬にイジュー!』は安易だと

 

思ったに違いない。

 

 

実は、以前のタイトル、『トーキョー・ナイトランナーズ』は、アメリカの作家

 

ジョー・R・ランズデールの『テキサス・ナイトランナーズ』から戴いている。

 

今回のものは、『罪深き誘惑のマンボ』で提案してもらった。

 

 

 

 

更新は少ないと思うけど、ひとまずよろしくお願いします。

| - | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

群馬に移住しました(3か月半前)。ついでにブログタイトルも変えました。

 

 

5月末、4トンのロングと2トントラックにて、21年間住んだ江古田を引き払い

 

群馬県に移住した。もう10年近く空き家になっていた、カミさんの実家だ。

 

 

日曜日の夕方に運び出し。そのあとに電車で群馬へ。荷物は翌朝に届いて運び

 

こまれたのだが、片付けと開梱で落ち着いたのは今月に入ってからだった。

 

 

ブログタイトル「群馬にイジュー!」は都内にいるころに気に入って見ていた

 

メーテレ(名古屋テレビ)の、『岐阜にイジュー!』から。

 

都内ではテレビ神奈川で見ていたのだが、群馬テレビでは見ることがかなわず。

 

 

 

 

 

自宅には裏庭がありその裏は碓氷川(うすいがわ)が流れている。初日の夜中

 

3時半ごろから鳥がさえずり始めたことに驚いたくらい、自然は濃い。

 

先日泊まっていったサッポロの友人は、窓を開けて眠ったらしいが、川の音や

 

虫の音が聞こえてキャンプのようだったと喜んでくれた。

 

 

 

 

仕事は辞めず、都内に通っているので朝は早めだ。

 

そして、6月から毎日作るようになった弁当も楽しみの一つだ。無理をせず外食も

 

取り入れるつもりだったが、無理してラーメンを食べたことが1回だけある。

 

 

そんな群馬ライフを気が向いたら書いていきたいと思っている。

| LIFE | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

亀の子束子のスポンジを使ってみた。(ブログのタイトルを変えました)

  

今年の1月から曲げわっぱの弁当箱を使い始めた。とあるグループでも愛用者が多く

SNSでも毎日のようにわっぱ弁当の画像が上がっている。


おれも手に入れてからは毎回この弁当箱を愛用している。愛着が湧くあまり、勝手に

作ったグループのマークをわっぱに焼き込んでしまう始末。


会社で食べ終わったわっぱをすぐに洗う。天然素材なのできちんと手入れしないと

黴や匂いが気になりそうであり、プラスティックの物に比べると扱いが少し面倒な

ものを、カミさんに丸投げするのも気が引けるからなのだ。



毎日洗っているうちに、最適なものできれいにしたいと思うようになり、小振りの

束子なぞを使うのが良いのだろうかと考えていたが、そういうことを相談するのに

最適な友人がいることを思いだした。某有名料理専門学校に勤務しているS。



聞いてみると、彼のお薦めは意外な物だった。即日送ってくれ、翌日には自宅に

到着。ありがたく使わせていただくことになった。


  

亀の子束子が出している、優れもののスポンジらしい。Sが言うには、きちんと角が

付いているので曲げわっぱの隅までしっかり洗えるとのことだった。



早速使ってみた。

確かに内側の角にまでスポンジが届き、しっかり洗うことが出来ている。束子の

丸っこい角ではこうは行かないのだろう。束子を自分でカットして角を出して使うと

いうことも考えていたが、なるほどと納得。


スポンジの目が粗めなために、汚れ落ちがいい。そして水切れも良い。なるほど

いい物だった。



気になるところも併記しておく。




写真の左側は約1ヶ月間使ったものだ。前にも使っていたスポンジに比べると耐久性は

劣ると思う。表面の張りも無くなる。このくらいになる前に新しい物にした方がいい

ようだ。


 

↑これくらいの差が出る(左:1ヶ月使用した表面/右:新品の表面)。


ついでに価格がやや高め。そして石油系の匂いがして気になるという人もいた。

使い心地や汚れの落ちはいいので、これらが気にならない人にはオススメ出来る。



 

曲げわっぱの弁当箱、少々高額だが、炊いたご飯をお櫃に入れたような状態で

持って行けるので、何よりもご飯が美味しい。

実際に、弁当箱としてではなくコンパクトなお櫃代わりに自宅で使っている

ポートランド在住の女性を知っている。



私事ではあるが今年の5月末、群馬県に移住した。都会に住むよりは不便なのだが

生活がシンプルになり、不便を楽しむことが出来ることを認識した。暮らすという

ことの意識が変わり、今の生活が自分に合っていることを発見。


落ち着いてきたので、少しずつブログも更新していきたいと思っている。

| MONO | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) |

キャラダイス・ポンチョ:メンテナンスする

昨日のエントリーでの作業の前に、実はひとはたらきしていた




数年使っていた、キャラダイス・ポンチョの防水性能が落ちてきていたので

それの復活を目指して


輸入元の中の人に問い合わせていたら、本国に確認を入れてくれてBarbourの

ものを使ってくれとのことで取り寄せ





湯煎をして溶かしてからスポンジで塗り込んでいく





塗ると片っ端から覚めたオイルが固まっていくのがわかる

急いで塗り込んでいくのだが、スポンジはオイルを吸い込みすぎて少しずつ

塗り込んでいくには向いていないと学ぶ。経験がないから仕方がない





前後にすり込み終えて、ドライアーで温風を当てながら布で擦り込みつつ

余分のオイルを取り除いた


一昨日から部屋の隅に干しているので、もう馴染んでいることと思う

こういうふうにメンテナンスをすると、使いたくなってくるのは不思議だ


雨降れ!
| MONO | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM