群馬に移住しました(3か月半前)。ついでにブログタイトルも変えました。

 

 

5月末、4トンのロングと2トントラックにて、21年間住んだ江古田を引き払い

 

群馬県に移住した。もう10年近く空き家になっていた、カミさんの実家だ。

 

 

日曜日の夕方に運び出し。そのあとに電車で群馬へ。荷物は翌朝に届いて運び

 

こまれたのだが、片付けと開梱で落ち着いたのは今月に入ってからだった。

 

 

ブログタイトル「群馬にイジュー!」は都内にいるころに気に入って見ていた

 

メーテレ(名古屋テレビ)の、『岐阜にイジュー!』から。

 

都内ではテレビ神奈川で見ていたのだが、群馬テレビでは見ることがかなわず。

 

 

 

 

 

自宅には裏庭がありその裏は碓氷川(うすいがわ)が流れている。初日の夜中

 

3時半ごろから鳥がさえずり始めたことに驚いたくらい、自然は濃い。

 

先日泊まっていったサッポロの友人は、窓を開けて眠ったらしいが、川の音や

 

虫の音が聞こえてキャンプのようだったと喜んでくれた。

 

 

 

 

仕事は辞めず、都内に通っているので朝は早めだ。

 

そして、6月から毎日作るようになった弁当も楽しみの一つだ。無理をせず外食も

 

取り入れるつもりだったが、無理してラーメンを食べたことが1回だけある。

 

 

そんな群馬ライフを気が向いたら書いていきたいと思っている。

| LIFE | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

2016.3.13:訃報

3月13日。仕事を終えて帰宅し、麦酒を注いで晩酌を始めようとしていた
ふと携帯を見るとメールの着信。メーリングリストで届いたメールには
「サムズバイクの松浦さんが亡くなりました」の文字。信じられない内容だったが
本当のことだと感じて、体温が急上昇。着ていたスウェットシャツを脱いでしまった

ふわふわしたような不思議な感覚で、その時に何をしていたのかをあまり憶えていない
その後、MXインターナショナルの岡本さんからもメッセージがあり、受け入れるしかないと思い知らされた

21時過ぎ、札幌在住の同級生Gizinより着信。冷静に話そうとしたが嗚咽を抑えきれなくて泣き出してしまった
お通夜(15日)と葬儀(16日)の日程を知らせてくれたので計画を立てる
その夜は一晩中よく眠れなかった。隣でカミさんがもぞもぞと寝返りをうっているのがわかる
彼女も眠れていないようだった

翌日は仕事に行き、有給休暇の申請と仕事の整理。札幌駅近くのビジネスホテルを予約
帰宅して行きと帰りの飛行機を予約と発券



LCCに乗るのは初めてだった。席の前後にはスペースが無く、軽量化のためなのか背もたれは
薄く造られていた。後ろの人の膝が時々当たって不快。成田→新千歳が7千円弱なら良いか




お通夜に行くのはきつかったので、お店に集っているという情報をもらい地下鉄で向かう
おそらく十数年ぶりのサムズバイク



祭壇がしつらえてある一角で献杯



いろんなところに松浦さん。サムズバイクの旧スタッフや常連が集まって飲めるように
用意をしていてくれた



「しんみりしたら罰金」ということで、あくまで楽しく飲む

食べ物をあまり腹に入れないまま日が変わるまで痛飲。Gizinがホテルまで
車に乗せてくれた。着いたのは同じホテルチェーンの違う場所だったけど
そのまま夜の散歩としゃれこんだ




3月16日は告別式。斎場近くの国道は1車線が渋滞。斎場への入場待ちの列だった!
受付を済ませて荷物をロッカーに入れていたら
奈美ちゃんとばったり会い軽くハグ。気が張っているのかしっかりしていた

会場に来ている参列者のほうが大変で、奈美ちゃんが背中に手をあてたり肩を抱いたりして
会場内を歩き回り慰めている様子が見えていた
僕は会場にいる人たちの慟哭に圧倒されてしまい、涙は出てこなかった









楽しいことが好きで周りをいつも幸せにしてくれた松浦さん。送り出しも明るくということで・・

棺の蓋はステッカーチューン。霊柩車で別々に焼き場に行くのではなく、大型のバスで
親族や友人たちとともに(棺は貨物室)




僕たち数名は、松浦さんの秘密基地をGizinに案内してもらうために別行動をとった
真駒内ちかくの川沿いにある秘密基地「Room36

愛すべきがらくた部屋として貴重なものが展示、ストックしているところ
(リンク先のブログをぜひ読んでほしい)





元スタッフに真駒内駅まで送ってもらい、高速バスで新千歳へ



空港で初めてのスープカレー。美味しかったけど、具が大きくて食べるのが面倒だったなあ



地元駅について、帰宅前にJazzBarそるとぴーなつでお浄め&松浦さんに献杯
松浦さんとここで飲んだことがあって、JAMOOOでも来てくれないかなあと思っていた
心を落ち着かせてから帰宅


僕が松浦さんと知り合ったのは、彼が札幌に戻って開業する直前なので、東京では1年足らず
世田谷のBMX-RIOに努めた期間は3年くらいだったらしい


【松浦伝説】というものがあり、東京時代にもいまだに語り継がれる逸話があったのだ
札幌での25年間の伝説は数えきれないものがあるに違いない


彼が亡くなった3月13日は東日本大震災のチャリティーコンサートに参加するはずで、
直前のリハーサル中に倒れてベースギターを抱えたまま逝ってしまったという伝説

お通夜の会場であった斎場では、800人ほどの人が集まったという伝説

お返しが足りなくなってしまいあとで渡したという伝説

お通夜の会場に入ることができずにあきらめて帰った人がいるという伝説

焼き場での収骨で100人ほども人がいて、「骨が足りなくなる」と不安がらせた伝説


SNSでいろいろな人が松浦さんとの思い出を語り悲しんでいるのを目にしながら
思い出のある人たちがうらやましかった
WEB上では松浦さんと、彼が亡くなる数日前までやりとりがあったのだけど
よく考えてみると13、4年は会えていなかったのだ


札幌から戻って数週間、よく眠れない日が続いいていた
それもようやく落ち着いてきた


今日は月命日。松浦さんに出会えて幸せだった。これからも
| LIFE | 17:01 | comments(2) | trackbacks(0) |

11月19日:休日の朝に自転車徘徊



ダラダラしてしまいがちな休日の朝。思い切って自転車でふらふらと






古びたものを見ると気持ちが穏やかになるね。歳を取ったせいかな

普段の生活では入っていかない路地に侵入すると、思わず足を止めさせられる

景色や物に出会うことができる。心の栄養だね






普段通る道から見える踏切を反対側から。線路のあたりが盛り上がっていて面白い

路地を櫛の歯状にふらふらと。ツタの生い茂るアパートが近くにあったんだなあ







20年ほど前に一部屋借りていたアパートがいまだ健在だった。色を塗り替えているので

以前よりも新しく見える。下足箱も新しくなっていた


廃業した銭湯の建物を利用した、屋根付きの駐車場に久しぶりに忍び込み銭湯画を眺める



小一時間の徘徊










夕方よりパソコンのチューンアップを


2009年LateのMacBook Pro 17inch

最新OSではさすがに動作がもたつくので、SSDとHDDドライブのハイブリッドに

進化させる。2台のディスクを1台としてPCに認識させてからバックアップを復元






かなりの高温になるので、金属ものを熱くなっているところに置いて、ヒートシンク

のように使ってみた






長時間かかるのでそのまま就寝。明け方に起きると復旧は完了していた


SSDを投入した効果で、起動時間も劇的に早くなった

以前はHDDが左手のパームレスト下にあったのだが、ここにSSDを入れ、

光学ドライブ部分にHDDを置いたのでそれほど熱くならないのもありがたい




朝から各アプリケーションの起動テスト。イラストレーターはエラーが出るので

再インストールした。今のところ不具合は出ていない


愛機をもう少し使い続けられるのが嬉しい。OSのアップデートはもう無理だろうな
| LIFE | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

7.31 官邸前ロングテールバイクデモは明日

ぎりぎりの告知になってしまったが、3月から毎月最終金曜日に参加している官邸前デモのお知らせ






元々は反原発のデモに参加し、別の自転車部隊にも合流して、最低月に1度を目標に

していたのだが、安倍政権の滅茶苦茶さが露わになり始め、SEALDsなど、若い連中が

積極的にデモを開催したり、病み上がりの瀬戸内寂聴さんが声を上げているのを見ると

じっとしていられなくなった





明日、7月31日(金曜日)に僕個人としては今月3回目のデモに参加する



『デモに参加して声を出すのは苦手』という人、主催者はそこまで求めてはいない

頭数としてその場にいるだけでも力になるのだ

少しでも興味がある方は行ってみるといい。マスコミの報道とは違う現場が見られる



自転車隊は特に止められたり、混みあっていて動けないということが無いので

幾分自由な感じだと思う



詳細は以下に


開催:7月31日(金曜)
集合:8:00〜18:30 【集合】日比谷公園・かもめの広場
(西幸門前交差点横・噴水のある公園)

18:30 スタート
19:00過ぎ 適当に小休止
20:00過ぎ。適当に解散

※途中参加、途中離脱自由
参加車種はLTBに限らず自転車ならオーケー


※集合に間に合わなくても国会議事堂周辺にいるといろんな自転車隊が

回遊している。気軽についていくといい
| LIFE | 11:34 | comments(1) | trackbacks(0) |

5.29 官邸前ロングテールバイクデモ



早めに起きて、プラカードをバージョンアップするべくカッティングの文字を作った

プラカードに貼りつけて用意。職場まで運んでいく






仕事を早めに切り上げて日比谷公園を目指す。夕方の雨が上がったばかりで、路面からの

跳ね返りがかなりあった


今回は天候も悪く、最悪一人で走ることになるだろうかと思っていたら、集合時間

ちょうどにHiloさんとトミオさんが合流。頼りになる初回メンバー


それぞれがプラカードの準備をしているあいだにも、遠くからデモっている声が

伝わってくる。このところの安保法制の国会審議が紛糾していることとも

関係がありそうだ





最初の巡回、国会議事堂正面を下ったあたりで雨が降り出していたので

木陰で暫しの雨宿り。警察車両も普段の金曜デモの時よりも多かった





2周回目には国会議事堂の前で記念写真。おのぼりさんプレイのよう


おまわりさんが『何をしてるんですか?』と近づいてきたが、『記念写真を撮っている』と

答えるとそのままいなくなってしまった






もうすっかり顔見知りになった自転車隊に合流して長い列を作る






トレーラー部隊も3台ほどが周回






適当な時間に抜けて日比谷公園の松本楼へ

食事をとりながらいろいろと情報交換など

デモ → 松本楼 という流れが定番化しそうだ






雨脚が強くなったのでポンチョを着込んでゆっくりと帰宅




毎月最終金曜日に、官邸前の反原発デモに自転車で参加することに

したので、次回は6月の26日だ

長いのがあと2.3台増えると壮観なんだけどね
| LIFE | 16:16 | comments(2) | trackbacks(0) |

4.24官邸前ロングテールバイクデモの報告と次回予告



4月24日(金曜日)

2回目の官邸前金曜デモに参加するために、仕事を早上がりして日比谷方面に向かう






集合場所のかもめの広場には、Hiloさんがすでに到着しており、前回も参加してくれた

トミオさん、今回初参加の建築家自転車乗りのイトペンさんが合流したので、デモの準備を

ゆっくりと始めた






いい感じに暗くなってきた18時半ごろに国会議事堂方面に向かう





ショートコースを2、3周ばかり回った後に、他の自転車部隊と合流した


警備のパトカーをバックに愛車を撮影する余裕の人も(笑)






今回も「光るプラカード」は好評だった

中に100円均一ショップで購入したLEDライトを貼りつけただけの簡単な造り






ロングテールバイク仲間で横浜在住の植木職人であるモギマコさんも、仕事の現場から

自走で途中参加してくれた







20時過ぎに解散して日比谷公園の松本楼で食事

前回はオムレツを食べたのだが、今回はカツカレー。写真はない

皇居周辺を通りながらゆっくりと帰宅した






デモ中の信号待ちをしているときに手渡されたタグ

日本国憲法第9条を守ろうという意思表示のため愛車のハンドルに付けっぱなしだ








【5.29官邸前ロングテールバイクデモ】

次回は5月29日(金曜日)に参戦する

基本的には、月の最終金曜日に参戦することとした

参加者が少しずつでも増えてくれるとうれしい
| LIFE | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

4.24 官邸前ロングテールバイクデモをやります

3月27日(金曜日)に参加した自転車デモの2回目を、4月24日(金曜日)に行います

毎週集まっている方々に混ぜていただく形ですが、月に1回は意思表示をしたいと思っています



【集合他について】

18:00〜18:30 日比谷公園・かもめの広場
      (西幸門前交差点横・噴水のある公園)
18:30 スタート
19:00過ぎ 適当に小休止
20:00頃解散
※途中参加、途中離脱自由
参加車種はLTBに限らず自転車ならオーケー

集合場所はこのあたり




3月27日の様子は以下の通りでした




仕事を早上がりして日比谷公園へ。中央の大噴水前はイベントのため屋台が多数出店していたため

集合場所を変更






来てくれたのは、ロングテールバイク仲間のHiloさんと、アウトドアショップで知り合った

トミオさん






他の自転車部隊と合流して回る


歩道でデモっている方々が手を振ってくれたりするので

疎外感のようなものはない


途中、遠回りをさせようとするおまわりさん。「危険だからあちらを回って

走ってください」などというのを「わかりました」といいつつ無視

おまわりさんにそんな権利はない





途中で小休止。繰り返して使えるように、また、ロングテールの良さを活かした

プラカードは、プラスティックのダンボールで光らせていたのが好評だったようだ




20時前に離脱。3人で日比谷公園内の松本楼に入り夕食

その後それぞれのルートで解散





帰る途中にあった小学館ビルの跡地はまだ平べったかった




こんな、ゆるい金曜デモ。どなたでも参加可能です
(ただし、大人の行動がとれる方であれば)
| LIFE | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

pb氏との邂逅


前の休日のこと。本棚を物色して読み返したい本を発掘。埃を払い、から拭きしたところでFBにメッセージ


自転車繋がりの友人、Y澤さんからのもので、会社の講演でピーター・バラカン氏を呼んだので参加しないか?

 
との嬉しいもの。翌日の仕事を早退すればなんとかなるものの、その日は職場の当番になっている日で終了まで
 
いなければならない日


仕事場にメールを入れて、当番の交代と早退させてもらう許可をもらう




 
18時半から始まったトークをワインをチビチビとすすりながら聞く。おなじみの話あり初めて知ったこともあり
 
なかなか充実した時間を過ごすことができた


質疑応答が終わった後は軽食をつまみながらワインをチビリと


pb氏の著書、『ラジオのこちら側で』を会場で販売していて、サインをしてもらい、しばし会話する人の列が続く




 
列が切れるのを待って、「本は持っているので、持って来た本にサインを入れていただいていいですか?」と聞くと
 
「もちろん!」と快く応じてくれた。ラジオで喋っている様子から、その優しい人柄はわかっていたが、直に接すると
 
感激してしまう

その日の朝に早起きして作った"pb"のカッティングステッカーをプレゼントすると、喜んでくれた。「小文字だ!」と

 
いう言葉から、狙い通りだったことがわかった


※今年の結婚記念日が、”バラカンモーニング”の放送がない金曜日だったので、前日思いついたままにpb氏おまかせ

 
でリクエストしてみた。彼は誕生日、記念日の類のリクエストをかなりの確立で受けてくれるのだ


果たして、その日の僕が出勤している時間帯にリクエストを受けてくれたようなのだが、何をかけてくれたのかが

 
わからなかった。友人の情報で、2曲に絞られたのだが、考えていても仕方がないので番組で使っているpb氏の
 
アドレスにメールで問い合わせした


驚いたことに、ものの5分で返信をくれて、リクエストの内容に応じてこの曲を選んでくれたのだ、ということがわかり

嬉しかったし感激したのだった


そのメールの署名が "pb" だったというわけだ


※漢字でサインしてくれていたので、仕事用の名刺を渡してお願いした。「あー、この名前 見たことある」とか言いながら

 
書いてくれた。実は、バラカンモーニングには、これまで何度かリクエストやメッセージを入れたことがあって、2回ほど
 
かけてもらったことがある。常連の皆さんほどではないけど


※サインを書いてもらった後に、話を聞いてもらった。実は、pb氏と直に会話したのは初めてではなかった。時は1990年

 
バブルがはじける直前。まだ雇われ店長として、渋谷のH社でサインプレートを受注していたときのこと


pb氏が、奥様と表札のオーダーに現れて、注文してくれた。漢字をきちんと使って仕様書に記入したのを見て凄いと思った


その話をしても、あまり憶えていなかったようだが、『奥様が、Fine Young CannibalsのTシャツを着ていましたよ』と

 
話すと、『そんな時代もあったねえ』と懐かしんでくれた





楽しい時間は終わり、Y澤さんに送られて貨物用エレベーターで地上へ。雨が降り出したのでポンチョを被り、渋谷を出た

ハッピーな時間を反芻しながらゆっくりと。小雨ですら気持ちよかった夜





おまけ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村
続きを読む >>
| LIFE | 06:30 | comments(1) | trackbacks(0) |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM