<< 夏休みを仙台で過ごす 〜2日目 | main | 仙台で夏休みを過ごす 〜3日目 >>

すこし先祖返りかな


ロングテールバイクに乗り始めた2年位前からなのだが、自分が自転車に求めるものが少しずつ変わってきたようだ

まず、新しいものに以前ほど興味が無くなった。全くないということではないが、高揚するということが少なくなって
来ている。そして、スピードを出すということにも。そういえば、ここ数年、草レースに出ていない。それに、メイン
で乗っていたマウンテンバイクもバラして売り払ってしまった

写真はロード用の変速レバー。今乗っているロードバイクの便利な手元変速機能を捨てて、自分がロードに乗り
始めたときのものにスペックダウンする。今は手に入るものが限られているのだが、古いパーツのストックを多数
持っているマニアのスギリンから譲っていただいた。自分が欲しいと伝えたのは別の形だったのだが、オマケ?で
付いてきた中古のこれを使いたくなったのだった。で、



磨いた



そして最近オークションで入手したデッドストックのこのブレーキ。昔から個性的なデザインで性能は追い
ついてないイメージがあるモドロのブレーキセット



さすがはデザインの国のもの。ブレーキパッドにまで色を付けているなんて初めて見た



そしてロードバイクのブレーキセットとシフト回りを交換。写真右は、シフトケーブルを裂いてライナー管を
取り出しているところ



けっこう苦労したが、この課程が楽しい



ライナー管はここに使った。ハンドルのバーテープは、今は無き「OFF THE FRONT」のもの。テープを使わず
素材そのものの伸縮性だけを使って巻くタイプなので再使用が可能。復活して欲しいプロダクトの一つだ

シャンパンの蓋をハンドルバーエンドに戻して完成!



試乗してみると、久し振りのWレバーもそれほど苦にならない。カチカチっという位置決め機構が付いていない
フリクションレバーと呼ばれる古くさいレバーは、昔の車輪から最新の11段もある多段化されたコグにまで
対応が出来る。ある意味万能な変速レバーだ

シマノとかカンパニョーロとか互換性を考えずに使える優れもの。これはフレームが壊れないかぎり気に入った
バイクに乗り続けることが出来るということ

互換性のチャートを見なければパーツのアッセンブルが出来ないようにしてしまったシマノ。ユーザーに眼を向けて
いるとは思えない。そしてどんどん酷くなっていくデザイン。デザイナーに殺意すら起こりそうなくらい許し難い
(個人の感想だけど)

米国のSURLYなどがダブルレバーの台座を付けたフレームを出していて、最初は「なんて古くさいんだ」と思って
いたのだが、その意図がようやくわかったのかな






夕方には




こいつを持って、そるとぴーなつへ



ブレーキ&シフトレバーを交換したロードバイクに付いていたのは、元々このファニーバイクに付いていたもの
それを戻すために開店直後のお店に行ったわけ



バイクを降ろして上のアダプターを使い、久し振りに空気を入れた。そしてブレーキケーブルを入れ替えて
キャリパーをセット。ついでに外してあったペダルも戻してみた



美しいリアビューが復活


これが → → → → 



乗っていったロードとマスターのセヴンとのスリーショット。愛車を見ながらの酒は美味しい
| BIKE | 12:08 | comments(4) | trackbacks(0) |
Comment
今を知ろうとしている真っ最中だからそこまでの余裕ないけど、そのうちこういう先祖返りに向かう可能性は自分もあるな〜と思います。
すでにこの写真で魅せられてますからw

早くロングテール完成しないかな?
調整難しそうなんで、ゆっくりでいいです。と言ったものの・・・その気持ちとこの気持ちは両立難しいっすw
2011/09/28 5:11 PM, from シャア専用日出麻呂
こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いております。

私の旅自転車(surlys)もダブルレバーです。
そう、シマノの酷いデザインの…
ブレーキはシマノのカンチですが、これまたデザインが…
(シマノのデザイン好きじゃないっ!て思っていたのが私だけじゃなくてホッとしました、)

最近サイクリングクラブに入りました。
古いランドナー乗りの皆さんとのサイクリングなので、ダブルレバー、トゥクリップは当たり前。

懐古趣味的な世界に引きずりこまれそうです(汗)。でも結構楽しい!
2011/09/28 6:23 PM, from とかげ
>シャア専用日出麻呂さん

僕が言うのはシマノの一面についてなんですけど、過去を切り捨てにかかってるような
気がするんですよね。世界一のメーカーなんですけど、レースに注力しすぎじゃないかと
思うんです

長尾クン、S君の焦らしプレイが始まっているものと思われますw
2011/09/29 9:05 AM, from ジョニー
>とかげさん

お久しぶりです。ブログも更新したようでうれしいです(笑)

やっぱりオートマみたいな自転車になると操る楽しさがそがれるような気がします
初心者にはやさしいんですけど・・。それと、プロには極限状態での助けにはなるんでしょうね

そうそう、あのサンツアー関係者が開発中の、SUNXCD(サンエクシード)という
ツーリング自転車に特化したブランドが出来ていて、近くリリースされるようです
マークがほとんどサンツアーなんですよね。楽しみ〜
2011/09/29 9:11 AM, from ジョニー









Trackback
url: http://fab-johnny.jugem.jp/trackback/1047

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM