<< すこし先祖返りかな | main | 鷺ノ宮〜和光〜江古田 >>

仙台で夏休みを過ごす 〜3日目

9月13日。前夜の飲みが終わったのは2時半過ぎ。普段の自分の生活サイクルでは考えられない時間だったので
「DON'T DISTURB」の札をドアノブに下げて眠りについたのだが・・・   やはり早朝に目が覚めてしまい、
だらだらと過ごしてしまった。バスタブにお湯を張って読書をしながら半身浴。こんなにだらだらな旅は初めてだ
しかし、これがいいんだ

前夜、10年ほど前にうちでアルバイトをしていたミナカワさんに仙台にいることをメールしていた。そうしたら
ランチかお茶でもと返信が来ていたので、夕方になる前に会うことになった



13時半のラストオーダー直前に、オステリア・ダ・クリハラに滑り込んだ。1人で来るのは初めてのこと。場所を
憶えていなかったので直前に確認していた



カウンターには店主が育てた野菜が。おまかせでいただきながら白ワイン



カジキマグロとトマトのパスタをいただいた。クリハラさんと自転車の話をしていて僕のMONKEY 69er SINGLEに
乗ってもらうことになったのだが、顔が少年のようになっていたのはここだけの話


食後はそのまま常禅寺通り方面に走って行き、以前に何度か入ったことがあった喫茶店を探したのだが
何度回っても見つからなかった。前日に回った閖上ほどではないが仙台市内でも老朽化してダメージを受けた
ビルが立ち入り禁止になっていたり、更地が増えていたりしている。常禅寺通りよりも一本北側の通りにあった
その喫茶店も、そのいずれかの理由で無くなってしまったのだろうと悲しさを覚えてしまった


待ち合わせた15時半。常禅寺通りから一番町通りに入る三越の角にミナカワさんと婚約者がやってきた
通り沿いの喫茶店に入って落ち着いた。ミナカワさんと相方は音楽活動を通じて知り合ったそうで、震災の
ときも苦労を共にしたという。笑いを交えて2人で話してくれたが、大変なことだと思った。アルバイト時代に
(今もほとんど変わらないけど)はっきりものを言えなかった彼女には、てきぱきとした話し方の相方が
ぴったりで、落ち着くところに落ち着くものだなぁと感心したのだった。生活の話や趣味の話、自転車の話
などで時間ぎりぎりまで喋って、緊張するかと思ったが意外に楽しい時間を過ごすことが出来た



一旦ホテルに戻ってシャワーを使いノンビリする。夕食は居酒屋か近場の中華料理屋さんで簡単に済まそうと
思っていると、FaceBookにシュージ氏からのメッセージが!忙しいのにがんばって時間を作ってくれた!


20時過ぎ、ホテルのロビーにシュージ氏登場。二人してチャリで出撃!青葉通りまで南下しつつ焼鳥屋さんに
入り、生ビール&焼き鳥で話し込んだ。実はシュージ氏と言葉を交わしたのはこの日までにほんの数回程度だった
そのほかはメールやSNSでのコミュニケーションのみだったのだが、緊張したのは最初だけでいろいろな話を
することが出来た。裏技も教わってものすごく勉強になった夜



〆は、オープンが23時からというソウルバー。にりんくんによると『仙台で最も危険なバー』らしいのだが
ジェイムズ・ブラウンの曲が大音量でかかる店内は広くはないが、マスターの笑顔と音楽でものすごく居心地の
良い空間だった。カウンターに並んで暫しリラックス。混み始めた1時半頃に解散。忙しくてヘロヘロなのに
遅くまで付き合ってくれたシュージ氏に感謝した、仙台最後の夜は気分良く更けていくのだった
| Holiday | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://fab-johnny.jugem.jp/trackback/1048

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM