<< Instagram : 〜120202 | main | 2月4日。東京ゲートブリッジを走った >>

クライミングパンツの修理



10年くらい部屋着として穿いているクライミングパンツに穴が空いてきたので修理した。派手なパッチワーク生地で
作られたものだ。生地の強度や場所で傷みやすさには差が出るものだろうが、長年使ってきたので仕方がないことだ
左尻の下に空いたのは胡座をかく際に右の踵が当たっている部分。そこと右フトモモの前が怪しくなってきている

合いそうな糸を選んでボビンに巻き付ける。用意した当て布は古いシャツから取ったもの。ようやく役に立つ




生地の痛みが激しいのでパッチワークの合わせ目、強度のある部分に当て布を縫い付けておく




あとはミシンをかけて余分を切り取るだけ。今ひとつの出来だが部屋着だから関係ない




同様にフトモモ前部分も修理。傷んできた生地は当て布をきちんと縫い付けてしまうとその境目から裂けてくる
ことが多い。『いい加減』なくらいが丁度いいのだ。履き心地のイイパンツが復活した




使う度に感心するのだが、足踏みミシンは素晴らしい。質感のカタマリだ。現在、これほど良い造りのものを
手に入れるとすれば(ミシンに限らずこのくらい手をかけた製品のこと)、いや、手に入れるのは難しいのでは
ないか。趣味の自転車でもこれほどのレベルで造り込んでいるものを見ることは滅多にない


使う度に、そんなことを考えてしまうのだ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村
| MONO | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://fab-johnny.jugem.jp/trackback/1112

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM