<< 2月19日。多摩川ツーリング | main | 雪が降ったので久々にスパイクタイヤ >>

LIGHT&MOTIONのLEDライトほか



もう半月ほど経ってしまったが、(株)A&Fが扱っているLIGHT&MOTIONのLEDライトを愛用している。夜間に自転車を
走らせるのは昼間に比べると危険が増す。'90年頃にナイトライドを楽しんでいた頃にはNICE LITEを愛用していた。それ
以降、安全のためにBLTやNIGHT SUNなど、バッテリーを外付けにした大光量のライトを愛用してきた




ここ3年ばかり愛用してきたのはHOPEのこれ。クイックリリースでいろんな径のハンドルバーにフィットして使い
やすかったのだが1月ほど前に壊れてしまったので夜間走行に不便(恐怖と言い換えてもいい)を感じていたのだった




Stella600というモデルなのだが、Stella300のヘッドを2個使い600ルーメンの明るさを誇る。写真左がスポットで
光り、右側が拡散光を出すのはレンズの仕様を見るとわかるだろう




付属のラバーストラップでハンドルバーに巻き付ける固定方式を採用。交換用のストラップもある。ステムの両脇に
固定することになるだろう。ヘッドはそれぞれ左右に振ることが出来る(写真右)




不安があるとすると取り付けのパーツ。バカ穴にならないように気をつけた方が良さそうだ。頻繁に外したりすることは
ないだろうけど


ちなみに




HOPEのヘッドはとても丈夫に作られている




比較。右側がHOPEだ。重量はLIGHT&MOTIONの方が軽く仕上げてある




取り付けてみた。固定部分とスイッチの位置関係のため操作するときにライトの角度が変わりやすい。親指でスイッチ
操作、他の指で本体下側を支えるとよい


最初に使ったときが雨だったので路面が黒くなっていて、正直ガッカリするような明るさに見えたが、次に使った時は
その明るさと配光バランスのよさに驚いた

HOPEはLEDの特徴なのか、スポットで照らして当たっていないところは暗く見えた。LIGHT&MOTION(以下L&M)
の場合は左右で特性を変えてあり、照らしている周囲にまで光が回って目に優しい。ただし、MAXで使うと対向車や前
の車にはストレスになりそうな明るさなので注意が必要だ

HOPEではスイッチを押すごとにLOWからMAXまで4段階に明るくなり、その次は点滅という仕様だったがL&Mの場合は
MAXで始まり3段階でLOW発光、次に点滅という具合。最初は違和感があったが、昼間、対向車に合図をしたい場合に
最初が明るい方が有利なことに気付いた

バッテリー容量の低下はスイッチの点滅で知らせてくれる。HOPEの場合は間隔の長い点滅で教えてくれ、その時点から
3〜40分はLOWで使い続けることが出来た

L&Mの場合、発光の点滅が数回起こりスイッチが点滅を始める。その後15分前後で早い点滅になってそれから4〜5分で
消灯してしまう。警告が出てから使えなくなるまでの時間が長くはないので、その時点で点滅発光に切り替えた方がいい
だろうと思う。点滅間隔が短いから街灯のない道でも残像で状況を把握できるはずだ


以上が日本に入ってきたばかりのLIGHT&MOTIONのインプレッションだ。まだ使い始めたばかりなので新たな発見が
あればお知らせしたいと思う

僕が明るいライトにこだわるのはただひとつ、安全のためだ。明るいライトのおかげで事故を免れたことが数十回は
ある。無灯火なんて論外だし、ライトを持っていなければ走らない。死にたくないし迷惑もかけたくないから




ライト関連で最近作ったものがある




アクリル板をレーザーカットして断面を磨く




こんなふうに仕上げて




引き出しの取っ手をボルトオン!




リア用のLEDマウントを作ってみた




それをサドルのレールにビニールタイで縛り付けるといいかんじでマウント出来た。高い位置に付けることが出来るし
ペダリングの邪魔にはならないのだ




にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村
| MONO | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://fab-johnny.jugem.jp/trackback/1122

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM