<< 事故に遭いそうになった事(120910)のその後 | main | Instagram : 〜130407 >>

休日のもろもろ。桜は散ってしまった

連休だった。いつものように乗ろうとして後輪がパンクしているのを発見した、ロングテールバイクのパンク修理を

しようと、外して部屋に持ち込んだのだが・・・・






以前から気になり、補修パーツも入手していたハブのフリーボディーをメンテナンスすることにした。毎日酷使して

年初の大雪の際にも休まず働き続けてくれた愛車。それくらいしなくては・・





フリーボディーを外したあとに清掃。新しいラチェットの爪を装着。ダストシールも交換。組み直して調子が

戻った!

メンテナンスに使った工具は、10mm & 5mmの六角レンチのみ。以前、愛知のプロショップQのYさんに電話で

教わった通りだった。ほかにWebで検索した画像を参考にさせていただいた。いい時代だ。カセットコグを戻す

時に、トップから3枚目のスプロケットを初めて見た。いつもはかたまったものをそのまま扱っていたので

個別に眺めることはなかったんだ。かなり凝った造りをしていることに感心





昼食を摂った後、ようやくパンク修理にかかった。スローパンクのようだったので穴を見つけるのに手間取る

そして、パンク箇所のタイヤ裏面を指でなぞるとトゲのようなもの。表面には1mmくらいしか出ていなかったが

これを抜いておかないと意味がない。チューブ交換で完了





モンキーのシングルスピードバイクを山用から街乗りようにすべくスプロケットを交換しようと後輪を外して

清掃してみると、歯が欠けていた。クラックが入っているところも発見。漕いでいて時々違和感があったのは

これか、と納得。やはりこまめのチェックは必要だ

18T→16Tに戻して、車体を清掃。チェーンを貼り直したら完了






そして、昨日の朝。ロングテールバイクに積み込んで2つ隣の駅へ


高校の同級生Kの次男が、進学で東京に来ると知ったのは半月前。しかも、2つ隣の駅近くに住むという

引っ越しに付き添ってきた母親のMちゃんとも25年振りに会い、その際にT君が乗れるバイクを用意することを

約束していた。待ち合わせてポジション合わせ。簡単なインストラクションを終えて引き渡し



父親である同級生のKとは不思議な縁があった。大学1年生の頃(もう30年も前だ)、深夜のアルバイトを終えて

終電に間に合わず、職場のタコ部屋で一泊した。翌朝、帰る途中に新宿駅で山手線に乗り込んだとき、目の前にいた!

という奇跡的な再会。お互いに東京にいることを知らない、五島列島出身の同級生が、朝の山手線でばったり出会う

確立はどれほどのものだろうか?人の縁とは不思議なものだ


T君の大学生活が自転車によっていっそう充実するのは間違いないと思う。そのうちサイクリングにも誘うか




夕方から雨が降り始めたので、引きこもり、枕カバーを作る。以前、ユニフォームとして使っていたウニクロ製の

シャツ。背中部分はカミさんの枕に使ったので、前身頃を自分の枕カバーとして。ボタン部分を残せばそのまま

使える。ほぼ狙い通りの出来だったが、自分のものになると手抜きして仕上げが悪くなるのは何故なんだろうか?
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村
| Holiday | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://fab-johnny.jugem.jp/trackback/1185

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM