<< Instagram : 〜140308 | main | コーデュラナイロンを活用する >>

いとぺんさんのTIMBUK

最近お付き合いのある建築家・いとぺんさんのフェースブックで、メッセンジャーバッグのバックルが壊れたらしく


僕は同じメーカーのバッグを愛用していて、バックルだけは金属のものに付け替えているのでパーツを持っていて

修理も請け負う旨メッセージを入れたら、翌日に早速職場まで来てくれた





次の休日に補修をした。写真のように見事に割れている。右写真がネタ。捨てずにいて良かった





縫い糸を切ってバックルを外す。いとぺんさんのバッグは少し古いようで、バックルの仕様も微妙に違う





太めの糸をボビンに巻いて、一箇所を縫い付けるだけ。写真はストラップの通し方を間違えているので、後でやり直した





完成。モノはこうやって使い続けたいものだ





いとぺんさんのティンバックはかなり使い込まれていて、ロゴマークの刺繍などは跡形もない。ベルクロの感触を

嫌って、カスタマイズしている。バックルは通常と逆側に付いている。サンフランシスコで直接注文して造ったのだ

預かるときに、バッグの生地がしなやかなことに驚いた。生地自体は張りがあるものなのだが、使い込んでいる

うちに変化したのだ。こうなったら体に馴染んでしまい、他のものは使えないだろう





勝手に自分のバッグと記念撮影


左:カスタマイズして取り寄せたもの。内装の色とロゴマークの刺繍色を合わせた

中:日本には送ってくれなかった頃にカスタマイズをシミュレートして当時の輸入代理店からオーダーした。素材は

ワックスドコットン。今は無いのかな

右:いとぺんさんの。バックルが下側にあるのがわかるだろうか。一番使い込まれている



僕が初めて使ったメッセンジャーバッグがここの製品で、いろいろなものを使ってきた結果、ここの製品が馴染む

のだ。決して最高ではない。しかし過剰ではない良さがある
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村
| MONO | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://fab-johnny.jugem.jp/trackback/1231

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM