<< キャラダイス・ポンチョ:メンテナンスする | main | 群馬に移住しました(3か月半前)。ついでにブログタイトルも変えました。 >>

亀の子束子のスポンジを使ってみた。(ブログのタイトルを変えました)

  

今年の1月から曲げわっぱの弁当箱を使い始めた。とあるグループでも愛用者が多く

SNSでも毎日のようにわっぱ弁当の画像が上がっている。


おれも手に入れてからは毎回この弁当箱を愛用している。愛着が湧くあまり、勝手に

作ったグループのマークをわっぱに焼き込んでしまう始末。


会社で食べ終わったわっぱをすぐに洗う。天然素材なのできちんと手入れしないと

黴や匂いが気になりそうであり、プラスティックの物に比べると扱いが少し面倒な

ものを、カミさんに丸投げするのも気が引けるからなのだ。



毎日洗っているうちに、最適なものできれいにしたいと思うようになり、小振りの

束子なぞを使うのが良いのだろうかと考えていたが、そういうことを相談するのに

最適な友人がいることを思いだした。某有名料理専門学校に勤務しているS。



聞いてみると、彼のお薦めは意外な物だった。即日送ってくれ、翌日には自宅に

到着。ありがたく使わせていただくことになった。


  

亀の子束子が出している、優れもののスポンジらしい。Sが言うには、きちんと角が

付いているので曲げわっぱの隅までしっかり洗えるとのことだった。



早速使ってみた。

確かに内側の角にまでスポンジが届き、しっかり洗うことが出来ている。束子の

丸っこい角ではこうは行かないのだろう。束子を自分でカットして角を出して使うと

いうことも考えていたが、なるほどと納得。


スポンジの目が粗めなために、汚れ落ちがいい。そして水切れも良い。なるほど

いい物だった。



気になるところも併記しておく。




写真の左側は約1ヶ月間使ったものだ。前にも使っていたスポンジに比べると耐久性は

劣ると思う。表面の張りも無くなる。このくらいになる前に新しい物にした方がいい

ようだ。


 

↑これくらいの差が出る(左:1ヶ月使用した表面/右:新品の表面)。


ついでに価格がやや高め。そして石油系の匂いがして気になるという人もいた。

使い心地や汚れの落ちはいいので、これらが気にならない人にはオススメ出来る。



 

曲げわっぱの弁当箱、少々高額だが、炊いたご飯をお櫃に入れたような状態で

持って行けるので、何よりもご飯が美味しい。

実際に、弁当箱としてではなくコンパクトなお櫃代わりに自宅で使っている

ポートランド在住の女性を知っている。



私事ではあるが今年の5月末、群馬県に移住した。都会に住むよりは不便なのだが

生活がシンプルになり、不便を楽しむことが出来ることを認識した。暮らすという

ことの意識が変わり、今の生活が自分に合っていることを発見。


落ち着いてきたので、少しずつブログも更新していきたいと思っている。

| MONO | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://fab-johnny.jugem.jp/trackback/1305

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM