<< ブレーキパッドの加工 | main | JKN28 >>

味わい深い


先日、1991年頃のジョン・トマックの写真を発掘したときに、高校を卒業して東京に出てくる際に持ってきた古い写真が見つかった。昭和40年代。僕が4、5歳のころだろうか。
後ろに写っているのは、当時家にいた秋田犬のリュウだ。血統書の正式な名前は「哲山号」だったと思う。日本犬の名前って、「号」がつくんだよね。もしかして、僕の名前は彼から文字をもらったのか?と勘ぐってみたりする。
履いている下駄は父親のもので、これを履くのが好きだった。今ではその頃の感情は思い出せないが、父のことが好きだったのだろうか。


大型犬のわりに気持ちが優しい犬だった。このころ僕はご飯を持っていく係だった。最初は飛びつかれ、両肩に前足をおかれて顔をなめられるのが怖かった。
父に、きちんと「お座り」と「おあずけ」を言えばいいと言われ、その通りにしたら言うことを聞いてくれて、それからは怖くなくなったのだ。
どんなに腹が減っていても、「よし」と言うまでは待っていたリュウ。いい犬だった。

歳をとったからなのか、こんなモノクロ写真が味わい深く感じられる。
| archives | 19:33 | comments(3) | trackbacks(0) |
Comment
子どもの頃のジョニーさん、面影がありますね。この頃は、どこでも日本犬ばかりでした。僕も家では、柴犬や雑種を飼っていましたね。その後、スピッツなどやたらに吠える犬が増えましたが、今は見ないですね。子どもの頃の写真は「白黒」と決まっていると思ったら、今時はカラーの人がいるので驚きです。
2008/03/20 10:56 AM, from トトロ
素敵な絵ですね。昨今、海外の座敷犬がもてはやされていますが、私の家でも土佐犬やドーベルマンを飼っていました。明々後日が東京の開花予想だそうですよ.....。
ではまた!
2008/03/20 12:00 PM, from 竜
トトロさん
昭和でした(笑)懐かしい雰囲気ですよね


新藤さん
大変ご無沙汰してます。ようやく山を越えつつあります。体調も回復してきました。そのうち顔を出しますね。
今年は花見が出来ませんでした
2008/04/11 11:51 AM, from ジョニー









Trackback
url: http://fab-johnny.jugem.jp/trackback/456

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM