<< ここ数日 | main | そろそろ動き出したのかな:ピスト >>

昨年9月の古い話

これはアップル社の「Time Capsule」というプロダクト

AirMacというW-Fiベースステーション(無線ランの発信装置)に
ハードディスクを足したようなものでパソコンの大事なデータを
自動的にバックアップしてくれるという素晴らしい装置だ(と思った)

それが1年とちょっとで壊れてしまったのは去年のこと
その時に問題になったのは、「交換修理」での対応は
内部のデータを削除することも出来ずにそのまま渡さなければ
ならないということ

保証を諦めて自分で分解。ハードディスクを取り出して消去するか
データを残したままの交換に応じるかの二者択一を迫られる

内部のデータを取り出そうと色々とやってみたが電源部の故障のようで
ハードディスクを動かすことが出来ないのでどうしようもなかった
中に保存しているものがものだけに、もう少しユーザーの立場に立った
製品作りをして欲しいと思う。壊れないならかまわないけど
まあ、納得できるものではなかったので交換修理に応じてから
自分でデータをレスキュー

 
裏面のラバーを剥がしてねじ類を外すと

 
ハードディスクにアクセスするのは簡単だった。冷却ファンの接続を外して

 
取り出したハードディスク。大したものは使っていない。バックアップに使うなら
サーバに使うような信頼性が高いものを使って欲しい。その結果のコスト高は充分に
納得できるものだと思う

 
千数百円で買ってきたHDケースに外したものを納めて

パソコンに必要なデータのみを転送。その後はハードディスクの中身を書き込み消去
(0データを全ての領域に書き込んでいく消去方法)
完全に安全になったわけではないが少なくとも気は済んだ

 
まっさらになったハードディスクを納め、元通りに蓋をして ミッション完了
何食わぬ顔をして新品と交換してもらい今に至っている
結果的にはズルをしたわけだが、データを消去するのは当然の権利だと思っているので
良心が痛みを覚えることはなかった

写真を整理していたら出てきたので思い出して書いてみた
| Mac/iPhone | 08:01 | comments(4) | trackbacks(0) |
Comment
PCにトラブルがあった時、自分でメンテできないので
ずっと自分用のPCを持つのに躊躇してます。。。

ケータイもそうですけど、PCなんて大事なデータてんこ盛りなのに、
そのまま他人に渡す、なんて怖くてできませんよね。
2010/03/18 11:35 AM, from HONEY BEE
パソコンの大事なデータを
自動的にバックアップしてくれるものが
1年ちょっとで壊れてしまう・・・って
納得いかないですね。
2010/03/18 8:39 PM, from セーラ
>BEEちゃん
そこのところ、パソコンメーカーなのに甘いというかなんというか
いまいち信用できないんだよね
2010/03/20 6:23 PM, from ジョニー
>セーラさん
コンセプトはいいのにそれに耐えられるスペックじゃなかった
ということだと思いますが
あそこのサポートに「バックアップディスクのバックアップを取らないといけないのか?」と
突っ込んでしまいました
2010/03/20 6:26 PM, from ジョニー









Trackback
url: http://fab-johnny.jugem.jp/trackback/774

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM