春が来た!



ナナオも気持ちよくまどろんでいた昨日。東京は暖かだった





午前中は修理品を、大泉学園の保谷寄りにあるメーカーの修理サービスに持ち込むためにロングテールバイクで

出動。ルート検索では新目白通りを通るルートが最短なのだが、大きい通りは気を遣うのと谷原の交差点がいや

なので、少し外したルートを検討。石神井公園を通ると良さそうだったので、ノンビリと走り出した


薄手のチノパンに長袖インナーとTシャツ。ゆっくりと走ってきたのに石神井公園の手前あたりでは汗ばんでいた

写真は公園手前の遊歩道





公園のボート乗り場近くからはiPhoneのMapアプリを起動してナビゲーションしてもらった。数日前に言語設定を

英語にしてみたら、いろんなアプリが新鮮に感じられる。表示も日本語のものより洗練されているような気がする

ただ、距離の表示がマイルなので、要所要所の距離感が掴みにくい






メーカー修理の持ち込みと受け付けを終えて、別ルートで石神井公園。天気も良くて暖かいので少しノンビリする

ことにした。トイレを済ませて三宝寺池へ





小さいのをチビチビとやりながらベンチに座ってしばらく読書。暖かくなったので人出も多い





帰り途。東京に出てきた30年前に住んでいたアパートの近辺をうろうろと。すぐ近くにあった、虫プロの建物が

そのまま残っていた。顔なじみだった定食屋さんにも顔を出したかったが、ゆっくりしすぎていたので帰途につく

千川通り。懐かしい景色を味わいながら




にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村
| Holiday | 09:16 | comments(2) | trackbacks(0) |

2月26日。東京マラソン



東京マラソンを見る会にヨーイチさんが誘ってくださったので、カミさんと一緒に行ってきた。都営大江戸線で乗り換えは
一回のみ(都庁前で降りた反対側のホームから)という楽なルートだ。蔵前駅に降り立つとコースになっている江戸通りは
わたれないというインフォメーションがあったので出口を変えて降り立った。到着は10時前だったがまだ先頭は現れない




ヨーイチさん達と合流して待つこと十数分。先に出走した車いす部門が通った。浅草雷門前の折り返しまでは微妙に
登っているようで反対側車線を走る姿は苦しそうだったが、手前を走る姿はスピードに乗って美しかった。カーボン
ディスクの車輪にチューブラータイヤというレース仕様のマシンたち。機材スポーツはコストとの戦いでもある




続いてトップレベルのランナー達が現れた。さすがに速い。テレビ中継の(前後が)圧縮された映像ではわからない
スピード感だ





そのあとに楽しんでいる人たちが多数。十字架の人は去年もいたから今年も出るだろうと張り込んでいたが、カメラの
設定が動いていたために露出オーバーだった。それとも何かの影響か?




予報ではそこそこ暖かいはずだったが、終日曇っていたために外で立ち続けると足が冷えてくる。ベースにしているお店
に避難して生ビールやカレーで食事




走者がクリアーになった後に白バイの先導で通行が復活した。お世話になったカレー屋さんは何を食べても美味しかった




一緒に楽しんだ人たちと隅田川沿いを歩いて浅草寺へ。
先週の川崎大師と二週続けてお参りするなんて滅多にない

ホッピー横町などを冷やかして解散した
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村
| Holiday | 09:59 | comments(4) | trackbacks(0) |

神楽坂で三味線三昧



12日。カミさんが1年ほど前から習い始めた三味線流派の新年会にお呼ばれ。12時頃に気付けと髪結いをお願いして
いた美容院でカミさんの荷物を受け取って、会場の料亭へ




カミさんの隣に席が用意してあり、胡座をかいて座椅子におさまる。新年会というよりは発表会に近いノリ。カミさん
緊張しながら出番を待っていた。唄や伴奏で何回も出番があるのだ




お菓子や軽い食事も用意してあり、ビールやお酒が回ってくるので退屈することはない。胡座は腰にくるけど




招待客だと思っていた人が唄ったりするので驚いたりしつつ、後半は味のある声の人が多くて意外に楽しめた

最後は師匠が家元の伴奏で唄ったのだが、流石と唸らざるを得ないくらいの唄声。お弟子さん達とはレベルが
何段階も違うということがわかった

そして、2代目の家元はすごい美女で目の保養になったことも報告しておく





12時半から始まり、中休みを挟んで16時半過ぎまで。そのあとが新年会







飲み物と食べ物が次々に出てきて、食べるのが大変なくらいだった。最後に出てきたメロンを撮り忘れ




献立はこの通り


お腹いっぱいになったはずなのに、帰宅してジャンクフードを食べたくなり、カップヤキソバを食べてしまった
のは大変な高燃費(KNP)体質。でも、正直それで『〆』という気分になったのだ





にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村
| Holiday | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

野本晴美トリオ。一月生まれの会



昨夜はJazzBarそるとぴーなつPresents、野本晴美トリオのライヴ。セカンドステージの後半三曲を聴くことが出来て
良かった。中はそこそこの入りで、入ってすぐのカウンターに座って聴く。ベースとドラムも強力。耳に馴染んだ曲は
一曲だけだったが、このトリオの演奏はひたすら楽しいし気持ちがいい。愛聴盤である"Belinda"の曲もこのメンバー
で進化していることを感じるのだ




このトリオでの録音が聴きたい






ライヴの直前まではYねぇ主催の鍋パーティー。一月生まれのメンツ、プラスアルファで飲み




つまみと飲み物を各々持ち寄るということだったので、かしわ飯を炊いて小さいおにぎりにして持って行った。かなり
好評で良かった!祖母が作るかしわ飯が最高に美味しかったなあ




仕事から帰ってきたMシェフが焼いた手羽も絶品だった




そしておなじみの光景




嬉しいことに美味しいケーキまで用意してもらって楽しい時間を過ごさせてもらった。あまりに楽しかったもの
だから、セカンドステージから参戦する予定だったジャズライヴ(↑)にも大幅に遅れてしまったのだ
| Holiday | 10:46 | comments(2) | trackbacks(0) |

2012年 1月2日


近所の材木屋さんでは正月に干支の絵を飾ってくれるのだ。迫力あるね
| Holiday | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

18日。最終日に



陽光が黄色みを帯び出した頃に自宅を出発。皇居をまいて、勝どき橋を渡ったところがその日の目的地だ




90年代初頭からMTBを通じて付き合いの長い、カスタムペインター・倉科さんが造形ユニットのゲルチョップと
組んでホームセンターで手に入るもので遊ぶ(と言ったら失礼かな)企画展の第二弾

期間が長いのでいつでも行けると思ってゆっくり構えていたら、最終日に近くなるにつれて自分のスケジュールが
不自由なことになってしまい、午前中になんとか作業のカタをつけて、まだ明るいうちに向かうことが出来た


エレベーターでいきなりシモーヌに会う。10年以上振りだ。上がっていくとスプレーマンがいたので挨拶。来られて
良かった!





流石、一昨年の展示以上にパワーアップしていた。圧巻はトイレットペーパーに描かれた絵。これは売れてしまい
購入した会社の会議室に展示されているようだ
相変わらずフレイム(炎)柄がかっこいい





一緒に組んでいるゲルチョップの作品もキレがある。もうおもちゃ箱




送っていただいていた作品集にサインをもらった




途中経過の写真はこの本のなかで楽しめる


間に合って良かった





続きを読む >>
| Holiday | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

秩父をふらふらと徘徊

ちょうど一週間前になるが、急に思い立って秩父をポタリングしてきた。無目的が目的の徘徊ポタリング



10時半池袋発のレッドアロー号。前々日にネットで指定席を予約していたのがよかった。満席。輪行袋に入れたMTBを
最後部の隙間に収めて中央あたりの席へ。少し前に落ち着いた集団が発車前から酒盛りを始めていてうるさかったので
イアホンを耳にねじこんで外音を遮断。中央写真の一升瓶が置いている席、窓側の女性は辛かったことだろう

僕の後ろには一歳ちょっとくらいの男の子を連れた若い夫婦。発車前から背もたれに付いた折りたたみテーブルを
バタンバタンと子供がいじって遊んでいた。うるさいなぁとは思ったが、発車して程なく止んだのでゆっくり読書を
していたが、また始まってしまい止める気配もない。立ち上がって後ろを振り向き、「やめさせてくれませんか」
と言った。人の迷惑がわからない馬鹿親のせいで子供が怖い思いをする。親がきちんと叱ることが出来ないから
わけのわからない子供が育つのだ



昼前に秩父駅に到着。広場でバイクを組み立てて



駅の仲見世をふらふらと。曇りはじめてきたがこれくらいが快適に動ける



前々から気になっていた、パリーに入ってみた



かなり怪しい食堂だった。味はごく普通の中華。可もなく不可もなくという感じ。後で地元の人に聞いてみたが
僕があった人は誰も入ったことがないという



「まるなか」。秩父サイクルトレインのスタッフをしていたとき打ち上げでお邪魔したお好み焼きのお店
秩父神社ではお祭りが



秩父警察署並びのタカハシサイクルへ。一般車から本気のスポーツ車までを網羅する秩父随一の自転車店だ
タクミ氏とだべっていると見たことのあるワゴンが。いつもは高田馬場方面で会うスギリンが登場。さらに
だべる



タクミ氏にサイクリングマップや情報誌をいただき再びふらふらの徘徊旅。秩父市は自転車に優しい街を目指して
市内のコンビニ20数店にサイクルスタンドや空気入れを用意している。今が一番の季節だ



秩父には数回来たことがあったが、ほとんどがサイクルトレインがらみだった。街中を通ることがあっても
ノンビリジックリと眺めることができなかったので独りでふれふらしたかったのだ



タクミ氏おすすめの喫茶店ぢろばた



落ち着く店内は、僕の行きつけジャズ喫茶Poorhouseに雰囲気が似ているが、さらにディープだ。話し好きの
店主との会話も楽しくてヴィンテージ・オーディオから流れてくる音楽も心地よかった

ちょうど帰省していたO夫妻ともここで合流。オリビアは何十年ぶりかで入ったらしい



日が暮れた秩父市内を流して再びタカハシサイクル。サイクルトレインで一緒に走った人たちがいて暫し立ち話



帰りのレッドアロー号は20時25分。食事をしてから帰ろうと蕎麦屋へ。ざる蕎麦→そば湯といきたかったのだが
陽が落ちてから冷え込んできたので、とりわさでビールを飲んだ後に暖かい蕎麦をすすって済ませた



20時前には仲見世も閉まってしまい薄暗い。レッドアロー号に乗り込んだ後は読書をしたりうつらうつらと
船を漕いだりしながら池袋に着いて地元に戻ってきた

ジャズライヴが終わった後の、そるとぴーなつに輪行袋を持ち込み、仕上げのジンリッキー。飲み終わってから
店内でバイクを組み立てた。猿蔵夫妻とマコトさんがカウンターに合流。ラグビーを観ながら好き勝手なことを言い合う

小雨が降る中、マコトさんと〆のラーメンを食べようと地元をうろうろ。ラーメン屋の数は無駄に多いくせに
飲んだ後に使える(特に日曜日)ラーメン屋がない。結局は天下一品に入って、初めて醤油ラーメンを注文した

アッサリとおばちゃんが呼んでいたラーメンは、本当にアッサリでコクもない味で自分でいろいろと加えて
味を調えたのだった。天一はコッテリに限る


仙台でもそうだったが、一人の休みは無計画な徘徊が心地よいのだ
| Holiday | 09:03 | comments(6) | trackbacks(0) |

鬼子母神 手造り市 他


日曜日。京都からビチクレTシャツが到着!先にジャージもリリースしていたのだが、あまりの過激(過剰)さに
購入には至らずだった




さて、本題の手造り市。前月から2週間後という短期間で今月は実施。espritさんが出るというので、古い自転車
遊び仲間・チーム下り坂のメンバーと待ち合わせ。数年ぶりの再会かな

espritさん、まさかとは思ったが組んだばかりのロングテールバイクに全部を積み込んでの手造り市出店だった

生憎の肌寒い曇り空のなか、人出は今ひとつのようで、午後一で大概売り切れるという天然酵母のパン屋さん
も苦戦していたようだ。espritさんも同様。ブースの後ろに停めてあったロングテールバイクのほうに目が行って
話題の半分以上はその話題になっていたそう

宗教じみているが、ロングテールバイクは人と人を繋ぐ

チーム下り坂の2人と池袋西口で生ビールをジョッキ2つほど。やはりロングテールバイクにはまってしまった
ようで、時間の問題だと見ている



18時からは、そるとぴーなつで守谷美由紀カルテットのライヴ。レギュラーカルテットとのことで、彼女は
最初から気合いが入っていた。会場全体がノリノリで演奏も白熱。誘って来てくれた大先輩のMさんも喜んで
くれた



昨日


荷物が届いたのだが、oakboyaさんからの博多土産だった。椒房庵(しょぼうあん)の辛子明太子は福岡県内
しか流通していない、僕が今まで食べた中で最も美味しかったもの。僕も去年知ったのだが、現地の人にも
評判がいいもの。結果的にお土産をリクエストするようになっってしまったが、美味しい物好きの彼にも知って
欲しかったというのが本音。でも嬉しいな



そして昨夜は仕事が終わってからハンドルバーテープの終端をきちんと巻き直した。まえにレバーを交換したとき
いつも使っているテープが足りなくて適当なものでお茶を濁していた

あらためてハンドルバーを見ると、国産のものなのだが(SAKAE)、先日取り付けたばかりのブレーキ、
MODOLOのパテントで作られているものだった。ちょっと嬉しい
| Holiday | 08:46 | comments(4) | trackbacks(0) |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
UNIQLO CALENDER
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
遙か南へ
遙か南へ (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. マキャモン
ウェザーニュース
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM